【悲報】子供部屋おじさん、ドイツでは「ホテル・ママ」と呼ばれいじられていた

アニメ
1: 2019/09/30(月) 09:43:36.83 ID:48OLXClRa
ドイツの子ども、とくに思春期や10代の子どもは「成人したら家を出ること」を楽しみにしており、親もまたそれを楽しみにしています。
子どもは「大人になったら、家を出て自分の好きなように生きる」と思っていますし、親もまた「18歳になるまでは親の言うことを聞きなさい!」というような叱り方をします。

ドイツの場合、成人年齢は18歳で、「子が18歳になるまでの我慢」と親と子の双方が思っています。
これだけを聞くとなんだか冷たいようですが、それだけ「子どもの自立」が重要視されているということでもあります。

まれに自立しない子どもがいると、周囲の人から「あいつはいつまでもホテル・ママ(ドイツ語: Hotel Mama 意味:上げ膳据え膳の実家という意味)を離れられないんだ」と揶揄されることもあり、「親元を離れないこと」は社会的にもカッコよくないことだとされています。

https://toyokeizai.net/articles/amp/302387


続きを読む

Source: わんこーる速報!
【悲報】子供部屋おじさん、ドイツでは「ホテル・ママ」と呼ばれいじられていた