【悲報】はじめの一歩最新刊、Amazonレビューで叩かれまくり大荒れ

アニメ
1: 名無しさん : 2018/10/16(火) 11:21:48.446 ID:SNvMh6HA0
無理して書かなくても良い
2018年8月23日
形式: コミック
椅子だしのネタでページの大半を引っ張りお金を出す読者をバカにしています。

・自分の限界を感じ、周りにも期待されていないのに諦めず頂点を目指す過去のライバル云々。
・後輩の育成
・父親には敵わない

自然な流れのように描いていますが、今までいくらでも描くタイミングのあった内容です。
しかし余計な横道に逸れずに愚直に一歩のストーリーを描き続けていたからこそ、この作品は輝いていたのです。

「描いてもよかったけど、必要ない蛇足だ」という要素で今の作品は構成されています。

作品最大の失敗はどこかのタイミングで「第1部完」にしてその後は、はじめの一歩ライジングサンを連載すればよかったんですよ。
そうすれば某漫画のように「初代は不朽の名作」と語り継がれたのに。

Amazon カスタマー
5つ星のうち1.0残念
2018年9月22日
形式: コミックAmazonで購入
20年前から惰性で読んでますが、何を描きたいのか分からない。今後のどういう伏線なんでしょうか?1番好きだった漫画なので悲しいです。

1.0再起不能
2018年8月20日
形式: コミックAmazonで購入
一歩くんではなく、作者に描きたい意欲やビジョンが枯渇しています。

漫画家をやめようかどうしようか迷っている、そんなふうにしか私には見えませんでした。

伝説が空振りし、看板だけで売れるから、ボロボロでも続ける、所属にはもう興味を持たれていない、どれも作者の愚痴か嫌みにしか聞こえません。

作者を責めるというより、見ていて痛々しい。次は宮田くんが犠牲者ですか?それとも一歩くんが覚醒する起爆剤になるんですか?

ここまで来たら、奇跡の復活はないでしょうね。あっても作者が復活するまでどれだけ待たされるんでしょう?

ボタンの掛け違いは、世界ランカーに敗れたときですよ。そのままタイトルマッチまで行けば、まだ負けても次はあったのに、あそこで心が折れていたのは作者自身です。

もう棄権させてくれ、そう言っている作者の作品を買うことが、編集者がタオルを投げない理由になるのなら、次はもう買いません。

一巻から全部揃えているファンとして、タオルを投げさせてもらいます。もう引退していいんですよ。ゆっくり休んでください。今まで辛かったですね。お疲れ様でした。

森川先生、才能ある後輩を立派に育てることに専念してください。

一歩くん、第二の人生頑張ってください。これまで勇気をくれてありがとう、そしてさようなら。

51HksUUiFfL._SX321_BO1,204,203,200_

ソース
https://www.amazon.co.jp/%E3%AF%E3%98%E3%81%E3%AE%E4%B8%E6%AD%A9-122-%E8%AC%9B%E8%AB%E7%A4%BE%E3%B3%E3%9F%E3%83%E3%AF%E3%B9-%E6%A3%AE%E5%B7%9D-%E3%B8%E3%A7%E3%BC%E3%B8/%20dp/4065117992/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1539656155&sr=8-1&keywords=%E3%AF%E3%98%E3%81%E3%AE%E4%B8%E6%AD%A9+122


続きを読む

Source: わんこーる速報!
【悲報】はじめの一歩最新刊、Amazonレビューで叩かれまくり大荒れ