【画像】ゲームの祭典『E3』一人の日本人女性が注目を浴び、世界中でトレンドになるwwww

アニメ
1: 2019/06/11(火) 09:03:27.34 ID:aTpPz+Fb0
E3のBethesdaカンファレンスにて、ひとりの「日本人女性」が注目集め話題沸騰中。
多くの人々の心をわし掴み | AUTOMATON
https://automaton-media.com/articles/newsjp/20190610-94377/

Bethesda Softworksが6月10日にE3で「Bethesda E3 Showcase」を実施。
そこで一人の日本人女性が注目を集めた。
カンファレンスにて、サイコブレイクなどを開発したTango Gameworksが東京を舞台とした新作ゲーム『GhostWire: Tokyo』を発表した。
代表の三上真司氏がゲームを簡易的に紹介した後、登壇したのは同作でクリエイティブ・ディレクターを務める中村育美氏。
この女性が一気に注目を集めたのだ。

no title

大きなステージで緊張を見せながらも、フランクな英語でゲームを紹介。 
さらに観客の心を掴んだのは、チャーミングな身振り手振り。 
ジェスチャーをまじえてわかりやすい表現をし、終始身振り手振りでメッセージを伝えていた。 
ジョークを交えつつ、ゲームを紹介し、最後は独特のポーズでゲームトレイラーを紹介。 

no title

no title

この練習を感じさせる頑張りや、緊張しながら英語でゲームを伝えようとする愛らしさ。 
独特のジェスチャーを挟んでくる度胸などの不思議な魅力に海外ゲームクラスタは取り憑かれツイッターを中心としたSNSで人気が沸騰。 
氏には大量のラブレターやファンアートが作られるようにまでなった。 

no title

面白いのは、氏の魅力は単純な“かわいらしい”だけに留まらないこと。というのも、中村氏はアーティストとして実力が評価されており、同時にやや変わった人柄から一定のファンを抱えている。カプコンからプラチナゲームズ、そしてTango Gameworks。場を変えながら活躍し続ける中村氏は、環境アーティストおよびコンセプトアーティストとして実績を残しており、たとえば『サイコブレイク』ではリードコンセプトアーティストとして、The KeeperやLaulaといった不気味なクリーチャーのデザインを含めた、全般的なアートワークを担当している。 

日本時間19時頃、アメリカ全土を対象としたTwitterトレンドにて、Ikumi Nakamuraがトレンド入りした。 

no title

【動画】 

2時間5分30秒辺り~ 

https://youtu.be/c9B5qhzKyhg#t=7530s

//platform.twitter.com/widgets.js
続きを読む

Source: わんこーる速報!
【画像】ゲームの祭典『E3』一人の日本人女性が注目を浴び、世界中でトレンドになるwwww