【悲報】京アニ放火事件の報道を見て、"ストレス障害"になる人が出ているらしい

アニメ
1: 2019/07/27(土) 20:34:28.34 
京アニ事件 報道を見るとつらい、苦しい人の心のケア

京都アニメーションの事件後1週間余りが経過する中で気がかりなことがある。
それはSNSの投稿で、この事件の報道を見るとつらくなるので見ないようにしている、苦しくてとても見ていられない、というものだ。
事件の報道を見てから焼き肉が食べられなくなってしまったという20代の女性もいた。
調理しようとすると火災現場を想像してしまう、ということであった。

報道を見てストレス障害か

気になるのは、実際に事件に遭遇していなくても報道で見た人たちが急性ストレス障害(ASD)を起こしているのではないかということだ。
ASDは、命にかかわるような出来事に遭遇したり、あるいはそれを目撃するだけでなく、報道でその出来事を見た場合にも起こることがある。出来事から4週間以内に起こるとされていて、症状はさまざまだ。
夢を見る、眠りが浅い、フラッシュバックが起こる、ゆううつな気分になる、突然怒りがこみ上げる、
ぼーっとする、あるいは逆に興奮状態になる、びくびくする、不安感に襲われる、集中力が低下する、といった症状が現れる。

1か月以上続く場合は

ASDは予後は良好で1か月以内に回復するのだが、中には1か月以上続いて心的外傷後ストレス障害(PTSD)に移行することがある。
かつて9・11のニューヨークの世界貿易センターテロ事件の後の調査で、3万3千900名のPTSD患者のうち1万人以上が、直接の被害者や家族ではなくメディアを見たことで精神的打撃を受けた人だったという報告がある。(Taylor .C, Viswanath .Kら)
今回の事件の報道をとても見ていられない、とするのはアニメファンの比較的若い世代が多いと見られるが、そうした人たちが受けた影響が気になるのである。

https://news.yahoo.co.jp/byline/umiharajunko/20190727-00135874/


続きを読む

Source: わんこーる速報!
【悲報】京アニ放火事件の報道を見て、"ストレス障害"になる人が出ているらしい