ゲーム廃人「1日20時間、1度も家から出ない生活を2年間続けた」

アニメ
1: 2019/09/15(日) 18:09:13.17 ID:CQgWnKuT0
ゲームが「居場所」や「仲間」を与えてくれる
2年前からゲーム依存の治療を受けている滝沢拳一さん、27歳。
勉強が苦手で、「学校に居場所がない」と感じた高校1年の頃からゲームに没頭した。

ゲーム依存の患者 滝沢拳一さん(27):
自分の居場所をつくりたい、自分の生きている証明が欲しいということで、ゲームなら得意なので1位になれるかなと思って、がむしゃらにがんばって。

お気に入りは、敵を倒すと自分のランキングがあがる戦闘型のオンラインゲーム。

滝沢さん:
寝てた?おはよう。準備しますね。

学校や仕事が終った夜が最も盛り上がる時間帯。
取材したこの日も午後9時からゲームを始めていた。

滝沢さん:
みんな体調崩しすぎじゃない?おれもだけど。

スマートフォンのアプリを使い、顔も知らない仲間と会話。ネットだけでつながる仲間とチームを組んで一緒に戦えるのもオンラインゲームの特徴だ。

ゲームをしている最中は、休憩もせず、席を立つことはない。

登録者が200万人もいる人気ゲームの個人ランキングで、2位にまで上り詰めた滝沢さん。20代前半の2年間は、1日20時間、自宅から一歩も出ずゲームに没頭した。

1日20時間、2年間外出せず…『ゲーム依存症』患者の現実(FNN.jpプライムオンライン) - Yahoo!ニュース
ゲームをする時間をコントロールできず、日常生活に支障がでる「ゲーム依存」が若い世 - Yahoo!ニュース(FNN.jpプライムオンライン)


続きを読む

Source: わんこーる速報!
ゲーム廃人「1日20時間、1度も家から出ない生活を2年間続けた」